最低賃金の引き上げ

年明けに最低賃金を引き上げるのは、アメリカでは典型的な一年の幕開け。

連邦政府の最低賃金は、時給7.25ドル維持のなか、最近、以下の州・市・郡にて、中には、連邦政府よりかなり高金額に、最低賃金が引き上げられました。

/ State

アラスカ/ Alaska                                   :$8.75→$9.75

アーカンソー/ Arkansas                 :$7.50→$8.00

カリフォルニア/ California                 :$9.00→$10.00

コロラド/ Colorado                               :$8.23→$8.31

コネチカット/ Connecticut                   :$9.15→$9.60

ハワイ/ Hawaii                                     :$7.75→$8.50

メリーランド/ Maryland                       :$8.00→$8.75

マサチューセッツ/ Massachusetts        :$9.00→$10.00

ミシガン/ Michigan                              :$8.15→$8.50

ネブラスカ/ Nebraska                           :$8.00→$9.00

ニューヨーク/ New York                       :$8.75→$9.00

ロードアイランド/ Rhode Island           :$9.00→$9.60

バーモント/ Vermont                            :$9.15→$9.60

ウエストバージニア/ West Virginia       :$8.00→$8.75

 

市・郡/ Cities, Counties

ニューヨーク州バッファロー市(市の職員)/ Buffalo, NY (city workers)                                     :$8.75→$9.75

イリノイ州シカゴ市/ Chicago, IL         :$10.00→$10.50

カリフォルニア州マウンテンビュー市    :$10.30→$11.00

モンタナ州ミズーラ市(市の職員)/ Missoula, MT (city workers)                                              :$9.05→$12.00

ニューヨーク州ニューヨーク市(ファストフード&州の職員)/New York, NY (fast-food workers, state workers)                                                              :$8.75→$10.50

ニューヨーク州ニューヨーク市以外(ファストフード&州の職員)/Elsewhere in State of NY (fast-food workers, state workers)                                    :$8.75→$9.75

カリフォルニア州ロサンゼルス郡/ Los Angeles County, CA                                                       :$9.00→$10.50

メリーランド州モントゴメリー郡&プリンスジョージ郡/ Montgomery and Prince George’s Counties, MD                                                                        :$9.55→$10.75

メイン州ポートランド市/ Portland, ME:$7.50→$10.10

カリフォルニア州サンフランシスコ市/ San Francisco, CA                                                               :$12.25→$13.00

ワシントン州シアトル市(大企業)/ Seattle, WA(for large businesses)                             :$11.00→$13.00

ほとんどの州で、最低賃金などについては、職場にポスターなどで明確に表示することを義務付けています。最低賃金が変更されている州・市・郡にオフィスがある会社は、社内のポスターが正確な金額に更新されていることを確認する必要があります。

 

5人に1人の従業員が、2016年に転職を希望(CareerBuilderアンケート)

去年より5%増・21%の従業員が、2016年に今の仕事を辞めると宣言している。 その傾向は、若い世代に顕著で、18歳から34歳の従業員の間では、10人に3人(30%)が、2016年の終わりまでに転職するといわれる。

そのため、去年より4%増の34%の従業員が、日々仕事探しをしていると答えた。

CareerBuilderの全国アンケート(Harris Poll社へ委託)は、 2015年11月4日から12月1日までの期間中、様々な業種で働く3252名からの回答による。

この結果を受け、CareerBuilderの人事主任Rosemary Haefnerは「従業員が現在の仕事に満足しているからといって、新しい広がりを求めないとは限らない。会社は常に、従業員のニーズを理解し、意義を感じられる仕事を与えることが重要」と分析した。

仕事に関しての新年の抱負:

転職の他に、従業員が新年の抱負として、仕事に求めるものとして挙げた項目は以下の通り。

  • 貯蓄へ回す金額を増やす   :38%  (前年:42%)
  • ストレス軽減        :28%  (34%)
  • 昇進、または、増収     :26%  (26%)
  • 職場での健康的な食生活   :19%    (25%)
  • 新しい知識を得る(クラス、トレーニング、セミナーへの参加)                                        :17%(22%)

1年前に、2015年のベスト5として挙げられた新年の抱負の達成率は以下の通り。

  • 職場での健康的な食生活   :13%
  • ストレス軽減        :12%
  • 貯蓄へ回す金額を増やす   :11%
  • 新しい知識を得る(クラス、トレーニング、セミナーへの参加)                                          :9%
  • 仕事の効率を上げる     :8%

従業員が仕事に対して望むこと:

職業を選ぶ際に、給料よりも重要なこととして、従業員が挙げたのは、

  • 仕事の安定度        :65%
  • 妥当な福利厚生       :59%
  • 勤務地           :56%
  • 良い上司                      :51%
  • 良い職場環境        :46%

 

また、仕事への満足度が上がるプラスαの希望として従業員が挙げたのは、

 

  • 金曜日の半日勤務      :38%
  • 付属のフィットネスセンター :23%
  • 毎日のランチ支給      :22%
  • マッサージサービス     :18%
  • ジーンズでの出勤      :16%

 

仕事探しへのアドバイス:

戦略的なSNSの利用を!

日々、ソーシャルメディアから入ってくる情報量は膨大であるため、気をつけていないと、無駄に時間を使うことになる。自分の仕事の業界・業種のリクルーターや雇用主とどうやって接触するかを探ることが大切である。たとえば、金融業界の仕事を探しているなら、LinkedInが一番有効に時間を使うソーシャルメディアと言えるであろう。もし、メディア関連の仕事を探しているなら、Twitterが最適だろう。自分が働きたい企業のプロフィールやページをフォローしておき、最新のニュースや募集要項の情報を得られるようにしておくことも大切である。

人の真似をしない!

面接のやり方として、成功につながると勧められるやり方はあるものの、一人の候補者にとって正しいやり方が、必ずしも他の候補者にも良い戦略法かはわからない。自分の経験、目指すキャリアなどの希望により、自分に合わせた使い方を考えるべきである。

ネットワークを広げる!

むやみにネットワークを広げるだけでなく、知識を深める、また、自分に必要な内容の理解を広げる意味のある結びつきを持てるようにする。どのような機会がやってくるかはそのネットワークの結果である。

アンケートの方法について:

このアンケートは、CareerBuilderがHarris Pollに委託して、アメリカ合衆国にて行った。対象となったのは、18歳以上で、自営業または政府関連ではない仕事に従事している、フルタイムの従業員の3252名に対し、2015年の11月4日から12月1日までに得た回答を集計したものである。質問の一部の回答は、ある1つの回答をした対象者のみからのサブセットの集計となっている。3252名の対象者は95%の確率で±1.72%のサンプル・エラーがある。サブセットの集計の場合のエラーはさらに高く変動する。

CareerBuilder について:

世界的なHRソリューション会社として、CareerBuilderは企業の求人の募集から雇用まで、ステップバイステップでサポートする最新鋭の人事ソフトウェアを提供、各産業の主要雇用主とともに、雇用の提供、調達、仕事の流れ、顧客関係管理、データおよびその分析を全てを担うワンストッププラットフォームである。また、世界のトップジョブサイトの1つともなっている。 TEGNA Inc. (NYSE:TGNA)、Tribune Media(NYSE:TRCO)、The McClatchy Company(NYSE:MNI)の3社が所有の、CareerBuilder とその子会社は、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、南アメリカ、カナダ、アジアにて、操業を行っている。詳細は、CareerBuilder ウェブサイトにて:www.careerbuilder.com.

 

オリジナルのPress Release記事:

1 in 5 Employees Determined to Land a New Job in the New Year, According to CareerBuilder Survey

http://www.careerbuilder.com/share/aboutus/pressreleasesdetail.aspx?sd=12%2f29%2f2015&siteid=cbpr&sc_cmp1=cb_pr927_&id=pr927&ed=12%2f31%2f2015

iiicareer のウェブサイトが新しくなりました!

弊社のウェブサイトが新しくなりました。

http://www.iiicareer.com/

 

コンピュータはもちろん、その他の様々なデバイスからご覧いただけます。

既存の登録者の方に、直接登録内容を変更いただける機能を追加。

候補者とのコミュニケーションを簡易化することにより、より良い候補者をご紹介してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。