企業スポンサーの永住権取得手続き・直接面接の段階的導入 | USCIS.gov

US Citizenship and Immigration Services (USCIS)は、10月1日より、企業がスポンサーになって永住権を申請する場合に出す I-485 (Application to Register Permanent Residence or Adjust Status) の提出者に対し、直接面接の導入を開始すると発表しました。書類の記載事項や変更点の確認、永住権の申請者の信頼性を判断するために、USCISは今後、その他のケースに対しても、面接のプロセスを拡げていくとしています。

U.S. Citizenship and Immigration Services (USCIS) will begin expanding in-person interviews for certain immigration benefit applicants whose benefit, if granted, would allow them to permanently reside

Source: USCIS to Expand In-Person Interview Requirements for Certain Permanent Residency Applicants | USCIS