職場についての意識調査 | Spherion.com

Spherion Staffing Services (spherion.com) は、職場に影響を与える問題と傾向のリサーチを行っています。

最近の傾向として、以下の2点が取り上げられました。

  1.  仕事と生活のバランス、フレキシブルな仕事環境を重要とする傾向が高く、41%の従業員が、選べるのであれば、給与よりも、休暇の増加を選ぶと答えました。同時に、従業員の多くが、与えられた休暇全てを消化できないと感じており、その理由として (1) 休暇を願い出ることに罪悪感を感じること、(2) 同僚に申し訳なく思うことを挙げています。

https://www.spherion.com/executive-summary/finding-the-right-work-life-balance.html

  1.  25%の労働者が3ヶ月以内に、3分の1が、翌年内の転職を希望しています。

理由は、

  • 20%が、現在の給与に不満がある
  • 12%が、自分は会社で評価されていないと感じている
  • 10%が、社内で成長する機会がなく不満を持っている
  • 9%が、自分のスキルは、他の業種や職種の方が向いている

https://www.spherion.com/executive-summary/workers-on-the-move.html

調査結果の詳細は、Spherion のウェブサイトにてご覧ください: https://www.spherion.com/executive-summary/index.html