Fiduciary rule: 退職金投資信託の基準 従業員の福利厚生プラン | The Department of Labor

The Department of Labor (DOL) より、2017年6月9日付で、Fiduciary Rule(退職金投資信託の基準)が公開されました。各企業の401(k)プランに影響がある内容です。

改定された退職金投資信託の基準で、各企業に一番影響がある内容は、401(k)プランの顧問アドバイザーに対し、プランの加盟者から誤解を招くような情報提供を慎むこと、加盟者に妥当な補償があるよう、加盟者の利益を最優先することなどが義務付けられていることです。

そのため、401(k)プランを持つ企業には、顧問アドバイザーが、今回の退職金投資信託基準のガイドラインに従っていることを再確認することが勧められます。

この基準は2017年6月9日から2018年1月1日までの間に、段階的に導入されます。トランプ政権は基準の廃止を支持していますが、廃止には至っていません。

信託ルールについての参照ニュースリンク: 10 Things Employers Need To Know About The DOL Fiduciary Rule