2017年3月:2018年度H-1Bビザの申請開始 今年の注意点 | USCIS.gov

2018年度分のH-1Bビザの申請は、4月3日(月)から受付開始となります。

特別料金を支払って、通常以下の時間で処理するプレミアム処理は、H-1Bビザに関してのみ、半年ほど停止となります。

H-1Bビザの申請の費用と、今回停止となったプレミアム処理の費用を、同じチェックで支払った場合は 、H-1Bビザの申請書類自体も受付けられないため、注意が必要です。

詳細については、US Citizenship and Immigration Services (USCIS) websiteを参照のこと:https://www.uscis.gov/news/alerts/uscis-will-temporarily-suspend-premium-processing-all-h-1b-petitions

USCISは、プレミアム処理の停止の理由について、長期間遅れている未処理申請案件にプライオリティを置くためとしている。

2017年3月 E-Verify 10年より以前のデータを削除|DHS, SSA & USCIS

Department of Homeland Security (DHS) と Social Security Administration (SSA) のサービスである、E-Verify プログラムは、2017年4月より、過去の記録を10年間しか保存しなくなります。

10年以上、E-Verify を使用している企業は、3月31日までに、過去の記録をダウンロードするよう通達がありました。

DHSサイト 過去の記録の保存と処分について:Fact Sheet

過去の記録のダウンロードの方法:Download Instruction

2017年2月:IRSが納税者個人向けに提供する連邦税のFree E-Filing | IRS.gov

2016年のTax Filing の期限は、4月18日(火)です。

Internal Revenue Service (IRS) では、無料で使える E-Filingシステムを提供して、E-Filing を奨励しています:https://www.irs.gov/uac/free-file-do-your-federal-taxes-for-free

携帯用アプリへのリンク:https://www.irs.gov/uac/irs2goapp

また、年収54,000ドル以下の納税者、年長者、障害者、英語の理解が不足している Limited English Speaker に対しては、 面談での書類作成のサポートもあります: Free Tax Return Preparation

E-Filing のベネフィットは、書類を提出したことの確認と、税金の還付金が早く届くことで、これは郵送やIRSの職員のデータ入力の手間を省けることで時間が節約できるためです。

E-Filingによる、 還付金サイクルのスケジュール予測はウェブサイトにてサーチが可能:E-Filing Cycle Dates

詳細はIRSのウェブページを参照:https://www.irs.gov/uac/newsroom/tax-time-guide-use-free-file

2017年2月 International Antitrust Guideline 2017年版 |FTC & USDJ

Federal Trade Commission(FTC) および US Department of Justiceは、1995年版のAntitrust Enforcement Guidelines for International Operations を更新、昨年10月に提示した原案への意見を考慮した、2017年1月改訂版を発表しました。

 

Antitrust Guideline for International Enforcement and Cooperation:https://www.ftc.gov/system/files/documents/public_statements/1049863/international_guidelines_2017.pdf

FTCのPress Releaseページ: https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2017/01/federal-trade-commission-department-justice-announce-updated

US Department of JusticeのAntitrust Division ガイドライン関連ページ:https://www.justice.gov/atr/guidelines-and-policy-statements-0/antitrust-guidelines-international-enforcement-and-cooperation-2017

 

ガイドラインの基本的な主旨は以下の2点:

(1) 競合他社の労働者の雇用制限の協定を禁止

(2) 競合他社間での給与情報の交換による、賃金抑制の協定を禁止

また、このような不法な行為があった場合は、企業主のみならず、不法行為に加担した人事担当者を含む社員個人にまで、責任が問われる内容となっています。

一般的に、機密情報の交換は、協定同様の影響を持てば、協定の事実がなくても不法とされ、合併・吸収・合弁の場合も同様です。ただし、一定の手続きのもとに行えば、情報交換自体は 違法ではなく、その際の手続きについても、ガイドラインに明記されています。

 

人事担当者向けの手引き:

https://www.ftc.gov/system/files/documents/public_statements/992623/ftc-doj_hr_guidance_final_10-20-16.pdf

 

2017年1月:料金増額に伴う新しい申請書類について | USCIS

US Citizenship and Immigration Services (USCIS) は、12月23日付けで、一部申請書類の料金増額を行いました。料金改定のあった申請書類の一部については、USCISのサイトで改訂版がリリースされております。

申請書類の種類により、以前の書類を使用できる期日が異なりますため、申請書類ごとの確認が必要です。

使用期日の例

I-9: 1/22/2017以降、新しい書類のみ受付

I-90, I-102, I-140, I-485, & I-751: 2/21/2017以降、新しい書類のみ受付

I-129:2014年10月23日以降の書類を受付、ただし、新料金を支払いのこと

各申請書類の一覧・リンク: https://www.uscis.gov/forms

USCIS通知ページ: Previous Editions of Forms Accepted Until Feb. 21, 2017, but Must Include New Fees | USCIS

2017年1月:カリフォルニア州の企業向け追加資料|EDD on CA.gov

Employment Development Department (EDD)からの、2017年企業向けガイド:http://www.edd.ca.gov/pdf_pub_ctr/de44.pdf

※2017年1月1日より、10人以上の従業員を持つカリフォルニア州の企業(2018年1月1日以降はすべての企業)に義務付けとなった、雇用税申請書・賃金報告書・給与税のE-file & E-pay の詳細なども含まれます。

このE-file/E-payや、小企業向けのCovered Californiaなどを盛り込んだ、州のニュースレターへのリンクはこちらから:http://www.edd.ca.gov/Payroll_Taxes/pdf/caemp2016_4.pdf

カリフォルニア州は、3ヶ月に1回、ニュースレターを作成しています。ニュースレターのウェブページ:http://www.edd.ca.gov/Payroll_Taxes/California_Employer_Newsletter.htm

この、E-file & E-payの詳細について:E-file and E-pay Mandate for Employers (Assembly Bill 1245)

2016年12月:最低賃金の引き上げ (2017年版)

2017年版、最低賃金のアップデートです。

別途記載がない州は、1月1日より引き上げです。

 

+ワシントンDC/ State + District Colombia (D.C.)

アラスカ/ Alaska                                      :$9.75→$9.80

アリゾナ/ Arizona                             :$8.05→$10.00

アーカンソー/ Arkansas                    :$8.00→$8.50

カリフォルニア/ California (従業員26人以上の企業):$10.00→$10.50

コロラド/ Colorado                                  :$8.31→$9.30

コネチカット/ Connecticut                      :$9.60→$10.10

フロリダ/ Florida                                     :$8.05→$8.10

ハワイ/ Hawaii                                        :$8.50→$9.25

メイン/ Maine                                         :$7.50→$9.00

メリーランド/ Maryland (7/1/2017 より):$8.75→$9.25

マサチューセッツ/ Massachusetts          :$10.00→$11.00

ミシガン/ Michigan                                :$8.50→$8.90

ミズーリ/ Missouri                                 :$7.65→$7.70

モンタナ/ Montana (総売上が$110,000を超える企業):$8.05→$8.15

ニュージャージー/ New Jersey                :$8.38→$8.44

ニューヨーク/ New York  (12/31/2016 より)

(従業員10人以下の企業)                                        :$9.00→$10.50

(従業員11人以上の企業)                                         :$9.00→$11.00

(Nassau, Suffolk, and Westchester Counties)   :$9.00→$10.00

(その他のNew York州)                                         :$9.00→$9.70

オハイオ/ Ohio (年間利益が$297,000を超える企業):$8.10→$8.15

オレゴン/ Oregon (7/1/2017 より)

(ポートランド都市部)                              :$9.75→$11.25

(越境周辺)                                               :$9.50→$10.00

(その他の地区)                                        :$9.75→$10.25

サウスダコタ/ South Dakota                  :$8.55→$8.65

バーモント/ Vermont                             :$9.60→$10.00

ワシントンD.C./ D.C. (7/1/2017 より)     :$11.50→$12.50

ワシントン/ Washington                       :$9.47→$11.00

 

US Department of Labor 最低賃金のリンク(賃金増加後に参照のこと):Minimum Wage Laws in the States – Wage and Hour Division (WHD) – U.S. Department of Labor

National Conference of State Legislatures (予定分込み): State Minimum Wages | 2016 Minimum Wage by State

Other Source: US Minimum Wage, Federal, State, Cities, Territorial – US Paywizard.org

 

2016年12月:カリフォルニア州 企業向け / 2017年からの法改定

カリフォルニア州の2017年の法改正についていくつか取り上げます。

[E-file & E-pay |電子ファイリング義務付け]

2017年1月1日より、10人以上の従業員を持つカリフォルニア州の企業(2018年1月1日以降はすべての企業)に、雇用税申請書・賃金報告書・給与税のE-file & E-pay が義務付けられます。

詳細は、カリフォルニア州 Employment Development Department のリンクを参照:E-file and E-pay Mandate for Employers (Assembly Bill 1245)

[Equal Pay addition |適応対象の明確化]

1月1日より、既存のWage and Equality Act は、性別のみならず、すべての race および ethnicity に対して適応されることが明確化されます。

Equal Pay Act on State of California Department of Industrial Relations website: http://www.dir.ca.gov/dlse/California_Equal_Pay_Act.htm

[California Minimum Wage |最低賃金引き上げ]

州としての 最低賃金 は、1月1日より、

従業員が25人以下の企業は、$10.00/時間、26人以上の企業は、$10.50/時間 となります:Division of Labor Standards Enforcement

新しいポスターのリンク:https://www.dir.ca.gov/IWC/MW-2017.pdf

その他、ローカル最低賃金 については、paywizard.orgのリンクを参照:

http://www.paywizard.org/main/salary/minimum-wage/California

[No-gender Bathroom |無性別トイレ]

3月1日以降、企業施設の鍵つきシングルユニットのトイレは、性別分けしない表記に変更することが義務付けられます。

California Legislative Information Website:https://leginfo.legislature.ca.gov/faces/billTextClient.xhtml?bill_id=201520160AB1732