職場でのセクシャル・ハラスメントの対処について

政界、および、様々な業界での、セクシャル・ハラスメントの話題が絶え間ない昨今、企業においても、また、従業員の一人としても、職場で同じような局面が起こった場合、どのように対応すべきか認識しておくことが望まれます。企業は、ハラスメントの訴えへの対応を含むプロセスを持ち、管理職や従業員にその手順のトレーニングを提供する必要があります。

Sexual harassment claims are not new. In this video insight, Helene Wasserman and Corinn Jackson discuss what employers need to know about creating a harassment-free workplace and what to do when sexual harassment claims are made.

Source: Upsurge in Sexual Harassment Claims: What Employers Need to Know | Littler Mendelson P.C.

Unlawful sexual harassment, long a problem in the workplace, has become the most visible employment issue in corporate America.

Source: Revisiting Your Sexual Harassment Policy During the #MeToo Uprising | Littler Mendelson P.C.

Be more than a bystander.

Source: 5 ways men can address—and help prevent—sexual harassment at work

最低賃金の引き上げ(2018年版)

2018年版、最低賃金のアップデートです。

別途記載がない州は、1月1日より引き上げです。

州+ワシントンDC/ State + District Colombia (D.C.)

アラスカ/ Alaska/ AL                                   :$9.80→$9.84

アリゾナ/ Arizona/ AZ                                :$10.00→$10.50

カリフォルニア/ California/ CA (従業員26人以上の企業):$10.50→$11.00

コロラド/ Colorado/ CO                             :$9.30→$10.20

ディストリクト・コロンビア/ D.C. / DC  (7/1/2018 より):$12.50→$13.25

フロリダ/ Florida/ FL                                 :$8.10→$8.25

ハワイ/ Hawaii/ HI                                      :$9.25→$10.10

メイン/ Maine/ ME                                      :$9.00→$10.00

メリーランド/ Maryland/ MD (7/1/2018 より):$9.25→$10.10

ミシガン/ Michigan/ MI                            :$8.90→$9.25

ミネソタ/ Minnesota/ MN (総売上が$500,000を超える企業):$9.50→$9.65

ミズーリ/ Missouri/ MO                            :$7.70→$7.85

モンタナ/ Montana/ MT (総売上が$110,000を超える企業):$8.15→$8.30

ニュージャージー/ New Jersey/ NJ         :$8.44→$8.60

ニューヨーク/ New York/ NY  (12/31/2017 より):$9.70→$10.40 (詳細は、下記 Littler リンクを参照)

オハイオ/ Ohio/ OH (年間利益が$297,000を超える企業):$8.15→$8.30

オレゴン/ Oregon/ OR  (7/1/2018 より):$10.25→$10.75

ロードアイランド/ Rhode Island/ RI     :$9.60→$10.10

サウスダコタ/ South Dakota/ SD            :$8.65→$8.85

バーモント/ Vermont/ VT                          :$10.00→$10.50

ワシントン/ Washington/ WA                  :$11.00→$11.50

 

その他、市・郡別の最低賃金については、以下のサイトをご参照ください。

 

US Federal, States, Cities, Territorial Minimum Wages @ US Paywizard.org

Source: US Minimum Wage, Federal, State, Cities, Territorial – US Paywizard.org

Minimum wage laws can impact businesses of all sizes, whether operating nationwide, in multiple jurisdictions, or only in one city, county, or state. To help manage this challenge, we are publishing a rates-only update so employers know the minimum amount they must pay non-exempt employees. Below we detail state- and local-level changes to the minimum wage that are scheduled to occur throughout 2018. In certain places, employers may be able to count tips an employee receives toward the minimum wage.

Source: The Minimum Wage in 2018: A Rates-Only Update | Littler Mendelson P.C.

 

各地での新法の施行

新年に向け、各地で新法の施行が始まります(改正分含む)。

 

【  年内に施行  】

11/26~ ニューヨーク市:Fair Workweek and Fast Food Deductions laws

Source: fairworkweek-deductions-laws-employers | NYC Consumer Affairs

12/14~ デラウェア州:Pay History Inquiries Ban(給与履歴の照会禁止法)

Source: Delaware Enacts Law to Address Gender Pay Gap By Prohibiting Employers From Requesting Compensation History of Job Applicants | Littler Mendelson P.C.

12/31~ ノースカロライナ州:Fair Classification Act

Source: North Carolina’s New Employee Misclassification Law: What Will Be the Practical Effect? | Wage & Hour Law Update | Jackson|Lewis

 

【  元旦より施行  】

カリフォルニア州:Salary Inquiry Ban(給与履歴の照会禁止法)、Ban the Box(犯罪歴照会禁止法)、Opportunity to Work Act、Anti-Harassment Training、Immigrant Worker Protection、他

Source: 2018: California Employment Laws on the Horizon | Labor & Employment Law Blog | Sheppard|Mullin

Source: 2017 Labor & Employment Legislative Update: It’s Finally Over! (For Now…) | California Peculiarities Employment Law Blog | Seyfarth|Shaw

メリーランド州:Data Breach Law Amended(情報漏洩法への追加事項)

Source: Adventures in State Data Breach Laws: Maryland Becomes the Next to Amend. | Security, Privacy and the Law | Foley|Hoag

ネバダ州:Leave for Victims of Domestic Violence

Source: Nevada Mandates Employer Provided Leave and Accommodations for Victims of Domestic Violence | Littler Mendelson P.C.

ニューヨーク州:Paid Family Leave

Source: New York State Paid Family Leave | The State of New York

オレゴン州:Sick Time Law Amended

Source: Technical Assistance for Employers Sick Time Law | Oregon.gov

テネシー州: “No Firearms” Notice Renewed

Poster: Tennessee No Firearms Poster – Compliance Poster Company

ワシントン州:Paid Sick Leave

Source: Paid Sick Leave |Washington State Department of Labor & Industries

 

【  1/7 に施行  】

シカゴ市: “Hands Off, Pants On” Ordinance(ホテルでの犯罪レポートシステム)

Source: City Council Passes “Hands Off, Pants On” and Automated External Defibrillator Ordinances for Chicago Hotels: Labor and Employment Law, School Law, Lawyers, Attorneys, Franczek Radelet

給与履歴の照会禁止法 最新アップデート

ニューヨーク市の給与履歴・照会禁止法が 10/31 より開始となることは、先日もお伝えしております:iii Blog: NYC Salary History Ban

その後、オレゴン州では今月より、デラウェア州では12月より、また、カリフォルニア州では、2018年の1月より、給与履歴・照会禁止法が開始となっております。

EU一般データ保護規則 (GDPR) 制定に向けての準備

2018年5月25日の、EU一般データ保護規則 (GDPR – General Data Protection Regulation) 開始に向けて、EU内に居住の従業員・取引先顧客等を持つ多国籍企業は、個人情報の扱いについて、GDPRに則ったプロセスを確率しておく必要があります。

GDPRは、EU内 の規定の統一や、時代に合ったデータ保護・セキュリティレベル・コンプライアンスへの基準の引き上げ、個人の保護 および 企業組織の責任 の強化を目的としています。

施行まで、半年以上ありますが、今回のデータ保護規則の広範囲な条件を満たすプロセスの日常的な実施には、長期間・計画的な準備が必要と思われます。

EUGDPR.org Overview: www.eugdpr.org

Littler – Insight: Ten Practical Steps To Implement The GDPR

U.S. Citizenship and Immigration Services 追加のサービス | USCIS.gov

U.S. Citizenship and Immigration Services (USCIS) が最近追加したサービスのお知らせです。

以前は、USCISにて、Employment Authorization Document (EAD) を取得する際、Social Security Number は別途、Social Security Administration へ申請する必要がありましたが、今後は、Form I-765 の提出のみで、両方の申請が一括で行えるようになりました:New USCIS Form Streamlines Process to Obtain a Work Authorization Document and Social Security Number Simultaneously | USCIS

企業スポンサーの労働ビザについて、詳細データが追加で公開されました(L-1, H-1B, H-2B, & EAD):USCIS Makes Additional Data on Employment-Based Visa Programs Available in Support of ‘Hire American’ Executive Order | USCIS

自然災害など、不測の事態に遭われた方への補助サービス:Immigration Help Available to Those Affected by Natural Disasters | USCIS

企業の対応 | Equifax Data Breach

先日来、Equifax社の情報漏洩が大きく報道されております。被害の大きさからみて、社内にも被害を受けた従業員が多くいる可能性が高く、企業としても、従業員に対し、今回の事件の対処方法や、同じような被害にあわないためにできる防止策について、支援を提供することが勧められます。

企業にとっても、この事件は、同様の攻撃に対しての対処法や、業務委託業者(ベンダー)の情報漏洩が起こった場合の対応、cyber liability insurance の必要性などを確認しておくための、よい機会でもあるかも知れません。

詳細・参考資料:

Littler Insight: Vendor Breaches and Their Implications for Employers

Federal Trade Commission (FTC) Data Breach Response: A Guide for Business Webpage

myE-Verify Self Lock 機能 | USCIS.gov

US Citizenship and Immigration Services (USCIS) の、myE-Verify ページに、E-Verify での労働許可認証の Self Lock 機能があります。

この機能の登録を行うと、E-Verify で Lock のかかった Social Security number (SSN) で雇用を試みた場合、非確認となり、使用できません。

登録者は、myE-Verify Self Lock 機能を使って、E-VerifyでのSSNの履歴を確認することもできます。

本当の雇用主が E-Verify をする際には、Unlock するようご注意ください。

myE-Verify Self Lock機能の詳細については、以下のリンクにてご参照ください: Self Lock | USCIS

E-Verifyポスター・その他のアップデート | USCIS

  • E-Verifyプログラムに参加の企業は、英語とスペイン語によるParticipation Postersの掲示が義務付けられています。

Source: E-Verify Participation Posters | USCIS

日本語でのポスターは、以下のリンクよりアクセスください。    Source: E-Verify_Participation_Poster_Japanese.pdf

  • H-1B FY2018は、プレミアム処理を再開しました。Optional Practical Training (OPT) が終了間近の申請者がいる場合、プレミアム処理へのアップグレードも考慮可能になりました。

Source: USCIS Resumes Premium Processing for Some Categories of Applicants Seeking H-1B Visas | USCIS

  • Form I-9は、9月18日以降、2017年7月17日改訂版(07/17/17 N)の使用が義務付けられました。空欄は”N/A” を記載するよう指導しています。

Source: Employers Must Use Form I-9 With a Revision Date of 07/17/17 N | USCIS

  • 2017年9月5日から2018年3月5日の間に、期限切れになるDeferred Action for Childhood Arrivals (DACA) で勤務中の受給者は、2017年10月5日までに、延長申請を提出するよう指導しています。

Source: Renew Your DACA | USCIS

企業スポンサーの永住権取得手続き・直接面接の段階的導入 | USCIS.gov

US Citizenship and Immigration Services (USCIS)は、10月1日より、企業がスポンサーになって永住権を申請する場合に出す I-485 (Application to Register Permanent Residence or Adjust Status) の提出者に対し、直接面接の導入を開始すると発表しました。書類の記載事項や変更点の確認、永住権の申請者の信頼性を判断するために、USCISは今後、その他のケースに対しても、面接のプロセスを拡げていくとしています。

U.S. Citizenship and Immigration Services (USCIS) will begin expanding in-person interviews for certain immigration benefit applicants whose benefit, if granted, would allow them to permanently reside

Source: USCIS to Expand In-Person Interview Requirements for Certain Permanent Residency Applicants | USCIS